読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tkymtk's blog

Ruby on Rails及びその周辺について調べたこと。Do whatever you want to do at your own pace.

ERDレッスン1まとめ

1.イベントを見いだす

  • まず核となるテーブルを見出す。目的は何か。
  • 「〜する」または「〜日」という言い方ができるか。

2.リソースを抜き出す

  • 誰が
  • 何を
  • 「〜する」と言うと変
リソース系は複雑なので、まずイベント系から 洗い出してその後じっくりとリソース系について考えていく方が良い。

3.項目を入れていく

  • とりあえず見た目通りに入力
  • まずは分かりやすいところから
  • イベント毎に変わりそうなものは、イベントのテーブルへ
  • フリーワードでないものにはそれ用にテーブルを追加。
    (あらかじめ決まったものから選択するとき)

4.リレーションシップを設定する

  • そのためには主キーが必要
  • 主キーには意味を持たせない。
  • 主キーとしてテーブルに識別子(Identifier)を導入
  • 単純にテーブル名 + ID
  • ID設定後、テーブルの関係を指定

まとめ

  • イベントは何か?ということに目を向ける
  • 考えすぎないようにしてみることも大事。
  • 考え方によって、複数の設計ができたりする。

出典

楽々ERDレッスン 第1回:「お持ち帰りご注文用紙」編:CodeZine

間違いがあれば、ご指摘下さると幸いです。